1. 2018年4月シアトル訪問レポート② Specialty Coffee Expo

2018年4月シアトル訪問レポート② Specialty Coffee Expo

2018年4月18日から22日まで、アメリカのシアトルにてコーヒーの展示会とシンポジウムが開催されました。

レポート②では展示会(Specialty Coffee Expo)のご紹介です。

 

Specialty Coffee Expo

この展示会は年に一度アメリカで開催される、スペシャルティコーヒー業界最大の展示会です。

展示会内では各種競技会の決勝大会、各種セミナー、ワークショップが開催されます。

展示ブースは300以上であり、数万人規模の来場者数を誇ります。

今年は明らかに前年よりも混雑していたのが印象的でした。

 

展示ブースでは新しいエスプレッソマシンや焙煎機をはじめ、様々な器具類の展示がされています。

また各国の生産者のブースも多くあります。この生産者によるブースも、昨年よりも多かったのが印象的でした。

 

多数の自家焙煎店による『Roster Village』ではコーヒー豆の購入や試飲ができます。

 

バリスタチャンピオンシップの国内決勝大会の模様です。

毎年、盛り上がりをみせる競技会です。

 

来場者は業界関係者以外にも一般のコーヒー愛好家の方々も来場しています。

このような展示会では世界中の生産者、輸出業者、ロースターが一堂に集まるため、非常に多くの多くの知人友人に出会います。

 

カップオブエクセレンス2017 ペルーの優勝農園 La Florの生産者Juan Heredia Sanchez氏にもお会いしました。カフェタイムが落札したコーヒーの一つです。

 

展示会では業界の動向を見ることも大事ですが、多くの人との情報交換やミーティングの場でもあります。

会場は非常に広く、一回りするだけでかなりの時間がかかりますが、業界の盛り上がりが感じられるのは嬉しいことです。

来年はボストンで開催されます。

6月はアムステルダムで開催されるヨーロッパ版の展示会『World of Coffee』に参加してまいります。

 

 

前の記事

次の記事