1. 6月の2割増量コーヒー豆 『コスタリカ ラス・マルガリタス / アルキミスタ』

6月の2割増量コーヒー豆 『コスタリカ ラス・マルガリタス / アルキミスタ』

6月の2割増量コーヒー豆はコスタリカのコーヒーです。

100のお買い上げで → 120g
250gのお買い上げで → 300g
※セール中は対象外です。

今月は2種のコーヒーを販売致します。

「ラス・マルガリタス」が売り切れとなり次第、「アルキミスタ」の販売に移行いたします。

どちらの商品につきましても、売り切れ次第販売終了となりますので、ご了承くださいませ。

 

 

「ラス・マルガリタス」

国  : コスタリカ
地域 : タラス
生産者: エマニュエル・ソリス 
農園名: ラス・マルガリタス
標高 : 1,900-2,000m
品種 : ビジャサルチ
処理方法 : ウォッシュト

ラス・マルガリタス農園は80年続く農園です。現在の農園主のエマニュエルさんは三代目であり、彼が今の場所でコーヒーの栽培を開始しました。15年前まではこの付近にコーヒーは無かったのですが、温暖化の影響により、1,900m以上の高地でもコーヒーが植えられるようになってきたそうです。カフェタイムは2017年にこの農園を訪れましたが、コーヒーの木はどれも健康的で生き生きとしていました。
エマニュエルさんがコーヒーの生産を始めてから5年目であり、今回の収穫収穫は、近隣の有名農園Faramiでの生産処理をおこなっています。
今後は自分の敷地に、乾燥用のアフリカンベッドの作成を計画しているそうです。

 

 

 

「アルケミスタ」

 

国          : コスタリカ
地域         : タラス
生産者        : ホセ・ソリス、ロドリホ・ウレーニャ
ブランド名: カフェ・エル・アルキミスタ 
標高         : 1,750m
品種         : カトゥアイ、カトゥーラ
処理方法 : ウォッシュト

カフェ・エル・アルケミスタは2人の生産者によるブランド名です。若い2人が営むそれぞれの農園で育てられたコーヒーチェリーを、Egidio Moraという名のミルで処理しています。レッドアップルを思わすフレーバーとバランスの良さが特徴です。
次世代の生産者が生産するスペシャルティコーヒーをお楽しみ下さい。

前の記事

次の記事