1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 今月のコーヒー
  4. カフェタイム10月のおすすめコーヒー「グアテマラ フィンカ ハウハ」

カフェタイム10月のおすすめコーヒー「グアテマラ フィンカ ハウハ」

Guatemala Finca Jauja

グアテマラ フィンカ ハウハ

グアテマラは一般的に8大生産地に分けられますが、フィンカハウハはその中の一つ、アンティグアにあります。アンティグアは標高も高く、アグア山、アカテナンゴ山、フエゴ山という3つの火山に囲まれています。肥沃な火山性土壌という恵まれた環境にあり、8大生産地の中でも1、2を争う優良な生産地として知られています。

ヘレーラ一家が所有するフィンカハウハはリカルド・セラヤさんにより営まれています。リカルドさんは4世代に渡るコーヒー生産者の一族で、近くに自身の農園を2つ所有しています。そのうちの一つサンタカルーラはカップオブエクセレンスに度々入賞する名門です。リカルドさんは品質と持続性(サスティナビリティ)を大事にしていて農園では自然の恵みを最大限に活かした栽培方法をしています。シェードツリーを細かく管理しコーヒーの木に当たる光量をコントロールしたり、刈り取った葉は根に敷き詰めて肥料にします。それらは鳥や昆虫の住処にもなるのです。

コーヒーチェリーの収穫は全て手摘みで行われ、その基準は厳格です。監督官による厳しいチェックを通ったチェリーのみが、その後の処理工場に進む事ができます。高品質なコーヒーには完熟のチェリーが必須なのです。

従業員に求める仕事の質は高くなりますが、子供がいる家庭には奨学金制度を用意したり良い仕事には高い賃金を支払うなど待遇面での配慮も欠かしません。リカルドさんは周囲の自然環境保全のため処理工場で使用した水は浄化処理を徹底するなど、常に持続可能な農法を採用しています。

産地グアテマラ
エリアアンティグア
農園名フィンカ ハウハ農園 (オーナー)リカルド・セラヤ
標高1550m
品種ブルボン、ティピカ
精製方法フリーウォッシュド

グァテマラ フィンカ・ハウハの商品ページ

前の記事

次の記事